何回か愛車を売却して変わった考え方。

私が最初に車を売却する事になったのは、20年前の事です。フォードの車を新車で購入しましたが、5年間殆ど乗っておらず維持費だけがかかる事に不満があったので車売る事にしました。

 

ディーラーでのメンテナンスも定期的にし、とても状態が良く売却する時は購入ディーラーで受けます。と言われていました。しかし5年過ぎた頃、結婚し引っ越して購入したディーラーから遠方に引っ越しました。その為、ディーラーと疎遠になりました。遠方でもディーラーにもって行って買取をしてもらえばよかったのですが、毎日忙しくたまたま見つけた車の出張査定会社に売却をお願いする事にしました。その当時は、今のように中古車の査定見積もり会社は、殆どなく相場もわからなかったです。新車で購入し、無事故で1万キロも走っていなかったのですが10万もしない金額で売却しました。買取会社の方も、無事故で綺麗な状態なので10万で良いですよ。と言い方をされたので高く買い取りをして下さったのだと、初めての買取で相場もわからず、ネットの情報も無かったので 中古でその金額で買ってくれてありがとうと現金の臨時収入に喜びました。そのまま何の疑問も持たなかったのを覚えています。後後、この話を人に話すと「それは安すぎ。もっと高額で買取をしてくれる会社を探したら。ディーラーに持ち込むべきたった」と言われます。今なら数社の見積もり会社から見積もりを取り売却できるので、あり得ない話ですがその当時はふつうの話だったと思います。

 

 

しばらく経ち、アルファロメオのスパイダーを中古で400万位で購入しました。前回の売却が、かなり安い売却で納得してしまったと勉強し次売却する時は、慎重に見積もりをしてもらうつもりでした。数年たった時、スパイダーで夫が事故をしました。電柱に片側だけが追突し車輪が曲がりました。修理見積もりを出してもらうとかなり高額な見積もりが来ました。ちょうど次の月ぐらいに車検も控えていたので売却を考えました。前回の車検が20万はしたのです。ローンも終わっていたので修理はせずに売却する事にしました。前回の事もあったので各社から見積もりを取って売却をしたかったのですが、販売ディーラーさんがぜひうちで買取させて下さいとお願いされた事もあり、販売ディーラーさんに買取をお願いする事にしました。事故をしていて車検も切れる間際、しかも修理もしないと乗れないのに70万で買取をしてくれました。70万で安い。見積もりを取れと言う友達もいましたが、私的には得をした気持ちです。スパイダーは思い入れのある車であり、次もスパイダーが好きな人に乗ってほしかったのもあり、価値のわかる人に買い取ってほしかったのも有ります。今は、自分の思い入れのある愛車であれば、多数の見積もり会社に見積もりを出すよりは、その車の価値のわかる買取会社にお願いしたいなと思っています。

 

 

早めの査定は意味がなかった…。

新車を購入する事になり、少しでも、多くの頭金を準備したいと思った私は、ディーラー下取りだけではなく、中古車販売店への売却も考える事にしたのでした。そこでまずは、ネットでの一括見積もりを行い、連絡があった中古車販売店3カ所へ見積もりに行く事にしたのですが、その時期が間違えでした。(引越し無料見積もりと同じようなサイト)

 

その時点で、新車の購入交渉においては、まだ、交渉中。契約もまだ明確にしていない状態でした。それでも、なぜ、査定を急いだかと言うと、査定次第で、付けるオプションのランクを選びたいと言う希望があったからでした。その為、軽い気持ちで、まずは、査定だけでもと査定に行ったのですが、そこで言われた言葉が「今週中に買取が成立すれば、○○円です。」や「いつ、車を持ってくる事ができますか?」と言ったものでした。

 

その為、正直にまだ、新車の契約は済んでいない為、納車日も決まっていない事。また、ギリギリまで車が必要なため、納車日にしか車を持ってくる事ができない事を伝えました。すると、「それでは、今の時点の大まかな査定額しか出せません。」と言われてしまったのです。その上で、「今度、査定に来た時に今の査定額で引き取る事ができる保証はありません。」とも…。初めて、中古車販売店への買取を検討した私にとって、下取りの査定も買取の査定も同じものだと考えていたのですが、そうではなかったようでした。買取の場合、今現在の価格と言う事が重要のようで、結局、納車が決まってから来て欲しいと言われ、あきらめる事にしたのでした。

 

それでは、オプションにかける事ができる費用の見当を付ける事ができないと言う事で、結局、ディーラーの下取りに出す事になった車。実際、査定額には大きな差はなく、どちらかと言えば、値引きを下取りの方に上乗せしてもらう事ができたと言う点から、ディーラー下取りの方が買取額は、高くなったように思います。とは言っても、最終的に査定に行けば、どんな買取額が付いたかはわからない為、今度の機会には、タイミングを計って、査定に行ってみたいと思っています。